出会い系で詐欺に引っかかった話

悪い人の画像
みなさんこんにちは。最近忙しくて風俗に行けていない管理人です。

ここまで出会い系についていろいろ書いて来ました。
今回は「詐欺」についてのお話です。

出会い系詐欺にもいろいろパターンがあるようで。
今回は「よくひっかかる話」をピックアップしてみました~。

※実際あった話です。
【関連記事】出会系アプリおすすめは?俺がマジで出会えた神アプリを紹介

①サクラ詐欺に引っかかった話

出会い系でよくある「サクラによる詐欺」。

この例はとある街に住む40代前半の会社員の男性Sさんの話です。妻とは離婚して子供2人を育てるシングルファザー。

子供は小学生と中学生で、家事や子育てをしながら働く毎日はとても厳しく、そろそろ家のことを任せられる女性と再婚して、落ち着いて仕事に打ち込みたいなどと考えていました。

そんな時Sさんはふと目に留まった出会い系サイトにあまり考えることなく登録をしたのです。

するとSさんはある女性と知り合います。その女性は30代後半で、自分と同じバツイチで趣味も合うとわかりすぐに話がはずみます。子供が好きで近い将来もう一度パートナーを見つけて結婚をしたいという女性に、Sさんはトキメキを感じます。

何度かやり取りをした後、会う約束をし、その女性とLINEとメールアドレスを交換します。すっかり信用してしまったSさんは仕事も手につかなくなるほどどんどん夢中になっていきました。

そんなSさんに突然、LINEの調子が悪いから別のサイトに連絡が欲しいと言わます。Sさんは女性のことを信じ切っていたため、疑わずにそのサイトに登録をしてしまいます。

そのサイトではメールを送信するのに1通1,000円もかかるのですが、Sさんは高いなと思いながら何度も課金してしまいます。それから20万使ったところでサクラだと気づいた時には時すでに遅し。サイトも閉鎖されており、女性とも音信不通になってしまったのです。

途方に暮れたSさんは成す術なく相談機関に連絡しましたが、お金は戻りませんでした。

–よくあるサクラ被害の一例でした。
別のサイトに登録して欲しい、と言った時点でサクラだと気が付くべきだったのです。

②芸能人(アイドル)詐欺

少し前に流行った(?)芸能人詐欺。これもサクラ詐欺の一つですが、ある日某女性アイドルのマネージャーと名乗る人物からメールが届きます。

——————————————————————————–
私は○○(♀)のマネージャーをやっています。最近○○が悩んでいて話を聞いてくれる人を探しています。○○本人から直接メールができないので、自分から送っています。
もちろん謝礼もいたしますのでこちらのアドレスまで…

——————————————————————————–

な~んておい!!

よく考えてみましょう。

アイドルが自分にメールを送ってくると思いますか?(笑)

ただ、詐欺側も最近は賢い。アドレスに誘導したら本人が出てきて返信をしたり(もちろんウソ)、コンサートをしていたり、テレビに出ている時間であればメールは来ない。スケジュールを綿密に調べて決してバレないようにしたり、ま~暇人ですね~。

そのアイドルの熱狂的なファンであれば、メールの返信が来たとなれば舞い上がってメールを続けるための課金してしまうことも予想できますね。

深呼吸しましょう。ふぅ~。

実際芸能人が一般人にメールを送ってくることはありません。100%サクラですので気を付けましょう。

このように、詐欺集団はあれやこれや手を尽くして我々をひっかけようとしています。少しでもおいしい話があれば、一呼吸おいて詐欺かそうでないか、考えるようにしてください。

モコムのイメージ画像